インド旅行・インドツアー・観光のハローインドトラベルトップページ > ツアー一覧 > あの時代を忘れない「1919年4月13日アムリトサル事件」のアムリトサルを巡るツアー2日間

ツアーのみどころ

ワガ国境セレモニー

インドとパキスタンの唯一の陸路の国境で、毎日夕刻になると国境を閉める儀式が行われます。両国の兵士らは色鮮やかなターバンと制服を身にまとい、痛快なショーを披露し、軍隊達の行進や掛け声、応援合戦のような観光客の歓声や拍手で両国の国民や観光客が集まり大いに盛り上がります。最後に両国の旗が降ろされセレモニーが終わります。
ワガ国境セレモニーは両国の兄弟愛と協力の象徴なのです。

ゴールデン・テンプル(ハリマンディル・サーヒブ)

1574年にシク教の教祖ラムダスにより、アムリトサルが設立され、1604年シク教の総本山であるゴールデン・テンプルが建てられました。毎日10万人以上の人々が礼拝に訪れ、宗教を問わず訪れた人々に無料で食事を提供しています。これらは寄付によって賄われていて、食事を作る人や片付ける人など全ての人が無償のボランティアで行っています。
人間みな平等を目的とした寺院です。 またライトアップされた夜のゴールデン・テンプルもゴールドが輝いていてとても美しく見物です。

ジャーリヤーンワーラー庭園

1919年に起きた悲劇「アムリトサル大虐殺」の現場です。シク教徒をはじめとするインド人がイギリスの植民地支配に反対しベサキ祭りの最中に集会をしていた所へ、イギリス人ラジノール・ダイヤがインド軍部隊に命令し、無警告の無差別銃撃をしました。無抵抗、無防備、避難する人々の背中に向けて10分から15分に渡って弾丸が尽きるまで銃撃を続け、1,500名以上の死傷者を出しました。
最悪のことは、人々が逃げ抜けようとした門に向かって銃火が浴びせられたことです。全部で4~5つの小さな出口がありましたが、銃弾はこれらの門に向かって文字通り雨のように降りそそがれました。人々は近くの井戸に飛び込みその中で溺死してしまい、現在でもその井戸はあり、内部には血で書かれた文字が残っています。二度とあってはならない悲しい事件です。庭園内には大虐殺で亡くなった方々の慰霊碑が建てられました。

マハラジャ・ランジート・シング博物館

デリーから200kmほど離れたパンジャブ州で、ライオンと呼ばれていたマハラジャ・ランジート・シングが非常に広大なシク王国を設立しました。彼はインド全体が東インド会社によって占有されたため、自由の旗を上げたパンジャブ州唯一のシク教徒支配者でした。1799年にラホールを手に入れたランジート・シングは、自分の首都を作りました。そして、1802年にアムリトサルをスピリチャルな首都としました。デリーから労働者を雇い、宮殿や庭園を赤砂岩で構築しました。現在ではパンジャブ州の最も重要な博物館であり、文化的な誇りとなっています。館内には絵画、武器、鎧、原稿やコインなど貴重なコレクションがあり、多くの観光客が18~19世紀の貴重な骨董品や美術品を見学されるために訪れています。

   ツアースケジュール

日程スケジュール宿泊地食事
1日目ドライバーがホテルまでお迎えに参ります。

専用車でニューデリー駅へ
エアコン付き特急列車でアムリトサルへ向かいます。
ニューデリー07:20発~アムリトサル13:45着(お座席クラスはCC)
朝食が付いているので、食事をしながら列車の旅をお楽しみ下さい
ドライバーが駅出口にて、お客様氏名のネームボードを持ち、お待ちしております。

専用車でアムリトサル観光へ
・ワガ国境セレモニー
・ゴールデン・テンプル
観光後 ホテルチェックイン

アムリトサル朝食
2日目朝食後 ホテルチェックアウト
ドライバーがお客様のホテルへお迎えに参ります。専用車でアムリトサル観光へ
・ジャーリヤーンワーラー庭園
・マハラジャ・ランジート・シング博物館
観光後 アムリトサル駅へお送りします。
エアコン付き特急列車でニューデリー駅へ向かいます。列車でアムリトサル16:50発~ニューデリー23:05着へ(お座席クラスはCC)
夕食が付いているので、食事をしながら列車の旅をお楽しみ下さい。ニューデリー駅へ到着
ニューデリー駅出口でドライバーがお客様をお待ちしております。
デリー市内のホテルまたはデリー空港にお送りします。
朝食・夕食

    旅行条件

利用予定ホテル

  スタンダードプラン

アムリトサル 3つ星ホテル・デラックスルーム|チェックイン 12:00、チェックアウト 10:00


  デラックスプラン

アムリトサル 5つ星ホテル・スペリアルルーム|チェックイン 14:00、チェックアウト 10:00

料金に含まれるもの
  • 日程表記載の宿泊ホテル(1泊朝食付)
  • 日程表記載の専用車
  • デリー⇔アムリトサル往復列車チケット座席クラスCC(食事付)
  • 日程表記載の観光施設の入場料
料金に含まれないもの
  • 業界用のカメラ持込料
  • 海外旅行保険
  • 飲食やチップなどの個人的諸費
備考延泊ご希望の方は料金が異なりますので、事前にお知らせください。

ツアーガイドをつけることも可能です。詳細はお問い合わせください。

   ツアーの注意事項

※当ツアーの参加をご検討される方は必ずお読みください。

インドビザインド入国には、ビザが必要です。
取得はお客様にて行なっていただく必要がありますが、現在3種類の方法がございます。
詳しくはこちらをご覧ください。
現地のご案内日本語ガイドをご希望の方は、スルーガイド(ツアー初日から最終日までの同行ガイド)もしくは観光地のみのご案内ガイドをお申し込みフォームから選択してください。
専用車弊社ツアー専用車は、お客様のみのご利用となり他のお客様とご一緒になることはございません。
航空機・列車・ホテルの手配日程表に記載の航空機・列車・ホテルは、天災・天候不良等、事故、突然の閉店など諸事情により変更させていただく場合がございます。
航空機:次便もしくは翌日便を手配いたします。
列車 :予定していた列車に近い時刻の列車を新しく手配いたします。
ホテル:予定していたホテルと同等グレードのホテルを新しく手配いたします。
※上記諸事情により航空機、列車、ホテルが変更となった場合や3時間以上の遅延や急な運休・欠航により日程が変更となった際は、宿泊費や移動費(交通費)、航空券費の差額分はお客様のご負担となりますので、予めご了承ください。
その他・延泊も可能ですので、ご希望の方はお問い合わせください。
・交通機関の遅延や突然の運休、道路状況により、観光地の順序など日程が前後する場合があります。

  オリジナルツアーを組む事もできますのでお気軽にご相談ください

あの時代を忘れない「1919年4月13日アムリトサル事件」のアムリトサルを巡るツアー2日間
*パスポートと同じローマ字でご記入ください。
大人 人子供( 4~16歳) 人幼児(3歳まで) 人


3名様1室2名様1室1名様1室

※送信=予約確定ではありません。
※メール・お電話でのやり取りの後、ご予約・金額の確定となります。





インド好きが選んだ大人気ツアー



Hello Indo Travel

インド旅行8つのガイド

行く前に知っておくと、旅行がもっと楽しくなる

現地の最新情報をお届け!

インドへ個人旅行されるお客様向け各種トラベルサポートを実施しております
※弊社でお申し込みいただけるツアーでは、全ての手配を含んでおります


ハローインドトラベル

通話受付時間 12:30~21:30(日本時間)
※メール・メッセージは24時間受付

+91-11-2358-6265       

ご相談・ご予約専用フォーム