インド北部に位置するデリー、アーグラ、ジャイプルをゴールデントライアングルと言い、この3都市には5つの世界遺産がありインドのメイン観光地です。初めてインドを旅行される方や多くの魅力を短期間で知りたい方にお薦めです。食、宿ともに凝縮されたトライアングルをお楽しみ下さい。バラナシのガンジス川早朝のボートライドで朝日を体で浴び、日の出とともに集まってくる人々がガンガーでお祈りをしながら沐浴する様子、夜のプージャ(礼拝)を見学します。

インド旅行・インドツアー・観光のハローインドトラベルトップページ > ツアー一覧 > ゴールデン・トライアングルとガンジス川ツアー7日間

ツアーのみどころ

ハワ・マハル(ジャイプル)

別名、風の宮殿といわれています。宮廷の女官たちが外から自分たちが見られることなく、街の様子が内側から大変よく見える造りになっています。953の小窓があり、大変風通しもよいことから、この宮殿の名前の由来ともなっています。

シティ・パレス(ジャイプル)

マハーラージャが現在も暮らしている住居です。
一部が博物館、織物の展示館となっており、ディーワーネカースと呼ばれる貴賓謁見の間に、歴代のマハラジャたちが使っていた衣装、昔使われていた武器などが展示されています。ここで最も有名なのが世界一大きい銀製壺、当時のマハラジャがイギリスに渡った際に、沐浴のためにガンジス川の水を入れて持っていったものです。ギネスブックにも「世界で一番大きい銀製品」として登録されています。

ジャンタル・マンタル(ジャイプル)

UNESCO世界遺産

マハーラージャ・ジャイ・フィン2世によって、1728~1734年に建てられました。デリー、バラナシなど計5箇所に天文台が造られましたが、ジャイプールのものが最大規模となっています。ジャンタル・マンタルには、サンスクリット語で「魔法の仕掛け」という意味があります。最も目を引くのは高さ27.4mの「サムラート・ヤントラ」という日時計と星の位置を測る役割があるものがあります。巨大な目盛が記されており、現在でも2秒ごとに時間を知る事が出来ます。世界最大の日時計で、世界遺産にも登録されています。

アンベール城(ジャイプル)

UNESCO世界遺産

何度も増改築を繰り返し現在の形となり、ヒンドゥーとイスラムの混合様式で造られています。城内はイスラム様式で造られており、ヒンドゥー教のガネーシャが描かれたガネーシャ門があり、世界的にも美しいと言われています。アンベール城で人気の象ライド、マハラジャは象を足代わりとしてこの大きな城を歩いたのです。2013年世界遺産として登録されました。

チャンド・バオリ階段井戸

チャンド・バオリとは、インドラージャスターン州ジャイプル郊外にある巨大な階段井戸です。深さが30mあり、地上より温度が5~6℃低いため、昔の人々は涼みに訪れていました。階層13階で3,500段の階段は、美しい幾何学模様で造られており、インドで最も深く巨大な階段井戸の一つです。砂漠地帯だったこの地では、貴重な資源である水をできるだけ多く集められるように、このような設計で造られたといわれています。その美しい形から多くの映画で撮影に使われています。

タージ・マハル(アグラ)

UNESCO世界遺産

シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃の為、22年の歳月を費やし世界中から集められた2万人もの職人で造られた愛のシンボル白大理石の世界一豪華な墓廟です。シャージャハーンはタージマハールと向かい合うような位置に自らの墓廟を黒い大理石で造ろうとしていましたが、長男を殺害した3男が今度は父をアーグラ城に幽閉してしまいました。
幽閉された塔からシャージャハーンは、タージ・マハールを眺める事が唯一の慰めだったのです。その後シャージャハーンは亡くなりましたが、人々は不憫に思いタージ・マハールの愛する妻が眠る棺の隣へ埋葬しました。
シャージャハーンは今、最愛の王妃ムムターズ・マハルとともにタージ・マハールに眠っています。新・世界七不思議のひとつであり、1983年に世界遺産登録されました。

アーグラ・フォート(アグラ)

UNESCO世界遺産

インド北部、ニューデリーの南200㎞のムガール朝の旧城塞です。16世紀の第3代アクバル帝に始まりましたが大部分の建築物は第5代シャー・ジャハーンは帝時代の造営です。
「赤い城」の名の由来となる赤砂岩造りの二重の城壁と門でできています。今ではシャー・ジャハーンが幽閉された部屋に入ることはできませんが、アーグラ城からタージマハルを眺めることはできます。

ファテープル・シークリー(アグラ)

UNESCO世界遺産

アーグラ・フォートと同様の皇帝、アクバルによって、息子の誕生記念として建設された都市です。しかし慢性的な水不足と猛暑のため、わずか14年間(1574年~1588年)しか使用されず廃墟となってしまいました。いわばゴーストタウンなのです。
1986年に世界遺産に登録されました。

バラナシ

3000年以上の歴史をもちシヴァ神の聖都。
世界的にも有名な観光都市のひとつでヒンドゥー教・仏教の聖地として重要な都市です。釈迦が初めて説法を行ったサールナートがあります。インドの国内や世界から多くの信者や巡礼者、観光客が訪れる大巡礼地です。日本からも長澤まさみ、中谷美紀など多くの著名人が訪れています。バラナシの特徴は84コのガートで沐浴場です。人々は朝日に向かって、己の身を清めるためガンジス川に入り祈りを捧げ沐浴するのです。ヒンドゥー信仰によれば、ガンガーの聖なる水で沐浴しこの地で死に、遺灰がガンガーに流されれば輪廻から解脱ができると考えられています。そのため、インド中からこの地に集まりムクティ・バワン(解脱の館)の施設でひたすら死を待つ人々もいるそうです。
多くの観光客がインド人と共に沐浴している風景を見かけます。

サールナート

バラナシから北へ約10kmの場所にあります。仏教の四大聖地(ルンビニ、ブッダ・ガヤー、サルナート、クシーナガル)のひとつであり、鹿が多くいたことから鹿野苑(ろくやおん)とも称されます。人生の苦悩を痛感した釈迦は解脱への道を求めて厳しい苦行を続けます。やがて釈迦(ゴーダマ・シッダッータ)は悟りを開いた後、5人の修行僧に出会い初めて説法を説いた(初転法輪)地として有名な場所です。彼らにした説法が初めて言葉となり、教えとして世界に広まって行き、ブッタの教えを学びに多くの修行者や観光客が訪れています。

バラナシガート

ガンジス川には84個のガートがあります。ガートとは川岸に設置された階段で巡礼者の沐浴の場として用いられています。84あるガートの中でも、パンチャティルティー・ヤートラという巡礼所があり、最南端のアッシガート、中央のダシャシュワメーダ・ガート、最北端のアディー・ケシュワ・ガート、パンチャガンガー・ガート、マニカルニカ・ガートの5つが5聖地巡礼所と言われています。

特にガートの中心にあるダシャーシュワメード・ガートは、常に多くの巡礼者や観光客で賑わっています。日が昇る時から日没まで多くのヒンドゥー教徒やサドゥーが沐浴をし、観光客はボートに乗ってガート巡りをしている姿も多く見かけます。日没後に毎日行われるプージャ(礼拝儀式)もこのガートで行われています。

その他ガートは、洗濯する人やヨーガをしてる人や、小広場や祝祭の場、宗教のみならず生活にも密着しており、日常生活や社交の場として人々に密着しています。

バラナシ・ヒンドゥー大学

バラナシ・ヒンドゥー大学通称BHU は、1916年にパンディット・マラヴィヤが、インドの民族文化、哲学などを研究する中心施設として設立されました。歴史のある大きな国立大学で、約2万人の学生が学んでいます。キャンパス内にはインド美術館や、新しく建てたヴィシュヴァナート寺院があります。ヴィシュヴァナート寺院はカーストや宗教に関わりなく、全ての人に解放されているので毎日参拝者が絶えません。バーラト・カーラー・バワン(美術館)は、歴史深い彫刻品や多くの素晴らしい細密画のコレクションの数々が収められています。ほかにも、住居、お店、畑などが点在しているため町のような雰囲気がありバラナシの喧騒とは異なり、緑豊かで静かな落ち着いた場所です。

アールティ

DasashwamedhGhat(ダシャーシュワメード・ガート)では日没後アールティ(礼拝儀式)が行われています。アールティとはヒンドゥー教の神像礼拝の儀礼ですが、一見お祭りのようです。僧侶がガンジス河の神々に向かってギー(オイルキャンドル)でアールティー(読経)を行い、願い事や感謝の気持ちを唱え、僧侶が花を浮かべ、川にむかって蜀台の火を掲げて祈りを捧げます。礼拝が終わると信者は僧侶の祝福を受け、米をいただき、蝋燭をたてた花かごを川に浮かべ、火を掲げて祈りを捧げます。

バラナシのボートライド

ヒンドゥー教徒は、日の出の頃にガンジス河に来て祈りを捧げ沐浴します。朝日がガンジス河に反射しそのパワーが注がれるという言い伝えがあるためです。サドゥーやヒンドゥー教徒が祈り沐浴している姿を眺めながら、朝日を体全体に浴び神様の恩恵をいただく、ぜひ早朝のボートライドを体験することをおすすめします。

マニカル二カー・ガート

ガンジス川沿いにある火葬場です。多くのヒンドゥー教徒が最期の場所としてここを目指します。遺体はここでガンガーの水に浸された後に火葬され遺灰にし、それをガンジス河に流すことはヒンドゥー教徒にとって最大の願いであります。ガンジス河の水は万物を浄化し、この世の苦しみから全てを解き放ち、解脱(げだつ)できると数万年前から現在も変わらず考えられています。撮影は厳禁です。

フマユーン廟

UNESCO世界遺産

16世紀に建てられたムガル帝国第2皇帝フマユーンの霊廟です。皇帝の妻ハージ・ベグムは愛する亡き夫のためデリーのヤムナー川のほとりに9年の歳月をかけ壮麗な霊廟を建てました。赤砂岩と大理石の象嵌技法で造られているため劣化せず、美しいコントラストです。イスラム教にとって塀に囲まれ、日陰と水が豊富にあるこの庭園は[天国の楽園]を模写したものでした。1993年に世界遺産に登録されました。

クトゥブミナール

インド最大のミナレット(塔)で高さが72,5mで5層になっています。12世紀末にスルタン・クトゥブウディーン・アイバクがヒンドゥー教から勝利した記念として急いで建てられました。そのためヒンドゥー教寺院を破壊しその石材も使用されたので、よく見るとヒンドゥー教の神ガネーシャの彫刻などが刻まれています。ヒンドゥー様式とイスラム様式が混在した建造物になっています。中庭にある鉄柱は4世紀ごろに建てられたものですが今も錆びずに残っています。

ツアースケジュール

日程 スケジュール 宿泊地 食事
1日目 ドライバーがデリー空港5番出口でお客様氏名のネームボードを持ち、お待ちしております。

専用車でホテルへ
ホテルチェックイン

デリー
2日目 朝食後 ホテルチェックアウト
ドライバーがお客様のホテルへお迎え
専用車でデリー~ジャイプールへ( 約4時間半)
ホテルチェックイン
専用車でジャイプール観光へ
・ジャンタルマンタル天文台
・ハワ・マハル
・シティ・パレス
観光後、フリータイム(買い物やバザールなどお楽しみください。)
ジャイプール 朝食
3日目 朝食後 ホテルチェックアウト

専用車でアンベール城を観光へ
アンベール城入口まで象ライドで移動します。

観光後、専用車でジャイプール~アーグラへ( 約4時間半)
アーグラへ移動の途中に、チャンド・バオリ階段井戸​とファテプルシークリーを観光

ホテルチェックイン
フリータイム

アーグラ 朝食
4日目 早朝、タージマハール観光
※タージ・マハルはセキュリティが厳しいので、館内に持ち込めるのは、飲料、カメラ、財布などの必要最低限の物のみです。観光後、ホテルへ戻ります。朝食後、専用車でアーグラ城観光へ観光後 フリータイムホテルチェックアウト

寝台列車のご出発時刻にあわせて専用車でアーグラ駅へ移動

アーグラ~バラナシまで列車に乗車(約9時間) ※インドの寝台列車の旅をお楽しみください。

寝台列車移動を国内線へのご変更が可能です。

寝台列車 朝食
5日目 バラナシ駅に到着
※お座席番号近くの列車乗降口で、ドライバーがお客様氏名のネームボードを持ちお待ちしています。専用車でバラナシ駅~ホテルへ移動 ホテルロビーにて休憩専用車でサールナート観光へ (日本語ガイドがアールティまでご同行)観光後、ホテルへ ホテルチェックイン 休憩専用車でバラナシ観光へ
・寺院
・ヒンドゥー大学
・ガンガーガート

夕方、ダシャ―シュワメード・ガートでヒンドゥー教のアールティ(礼拝儀式)を見学します。
アールティ開始時間19:00~ 45分間程

バラナシ 朝食
6日目 早朝に、伝統的な手漕ぎボートに乗り、ガンジス河の朝日や沐浴している人々、マニカル二カー・ガート(火葬場)を見学します。(日本語ガイドご同行)
朝食後、フリータイム(ガンガーガートなどの散策をお楽しみください。)
バラナシ 朝食
7日目 朝食後 ホテルチェックアウト
専用車でバラナシ空港へ
国内便 バラナシ午前発~デリー午前着
※ドライバーがデリー空港6番出口でお客様氏名のネームボードを持ち、お待ちしております。専用車でデリー観光へ
・フマユーン廟
・クトゥブミナール
観光後、お客様の国際線復路便の3時間前までに専用車でデリー空港へお送りします。
朝食

旅行条件

旅行条件 スタンダードプラン

デリー 3つ星ホテル・エグゼクティブルーム|チェックイン 12:00、チェックアウト 10:00

ジャイプール 3つ星ホテル・デラックスルーム|チェックイン 12:00、チェックアウト 10:00

アーグラ 3つ星ホテル・エグゼクティブルーム|チェックイン 12:00、チェックアウト 10:00

バラナシ 3つ星ホテル・エグゼクティブルーム|チェックイン 12:00、チェックアウト 10:00


  デラックスプラン

デリー 5つ星ホテル・スぺリアルルーム|チェックイン 14:00、チェックアウト 10:00

ジャイプール 5つ星ホテル・スペリアルルーム|チェックイン 14:00、チェックアウト 10:00

アーグラ 5つ星ホテル・スペリアルルーム|チェックイン 14:00、チェックアウト 10:00

バラナシ 5つ星ホテル・スペリアルルーム|チェックイン 14:00、チェックアウト 10:00

料金に含まれるもの
  • 日程表記載の宿泊ホテル(朝食付)
  • 日程表記載の専用車
  • アーグラ~バラナシ片道列車チケット
  • バラナシ~デリー片道国内航空券
  • アンベール城の象ライド
  • ガンジス河ボート代
  • 日程表記載の観光施設の入場料
  • 日程表記載の3日目および4日目(ボートライド)の日本語ガイドご同行
料金に含まれないもの
  • 業界用のカメラ等の持ち込み料
  • 飲食やチップ等の個人的諸費
  • 海外旅行保険
  • インドビザ

   ツアーの注意事項

※当ツアーの参加をご検討される方は必ずお読みください。

インドビザ インド入国には、ビザが必要です。
取得はお客様にて行なっていただく必要がありますが、現在3種類の方法がございます。
詳しくはこちらをご覧ください。
国際航空便 お客様の様々なご事情に合わせた国際航空券を弊社にて手配いたします。
お申込みいただいたご希望出発日で、最も安価な直行便の国際航空券をお知らせいたします。
次の表は一例です。この他の航空会社、発着時刻でもお調べいたしますので、その旨とご希望の発着時刻をお申込み時にご相談ください

※国際航空券の金額に、燃費サーチャージ、空港使用料、空港税全て含まれております。
※乗継便の手配も可能です。直行便に比べ料金を抑えられます
現地のご案内 日本語ガイドをご希望の方は、スルーガイド(ツアー初日から最終日までの同行ガイド)もしくは観光地のみのご案内ガイドをお申し込みフォームから選択してください。
専用車 弊社ツアー専用車は、お客様のみのご利用となり他のお客様とご一緒になることはございません。
航空機・列車・ホテルの手配 日程表に記載の航空機・列車・ホテルは、天災・天候不良等、事故、突然の閉店など諸事情により変更させていただく場合がございます。
航空機:次便もしくは翌日便を手配いたします。
列車 :予定していた列車に近い時刻の列車を新しく手配いたします。
ホテル:予定していたホテルと同等グレードのホテルを新しく手配いたします。
※上記諸事情により航空機、列車、ホテルが変更となった場合や3時間以上の遅延や急な運休・欠航により日程が変更となった際は、宿泊費や移動費(交通費)、航空券費の差額分はお客様のご負担となりますので、予めご了承ください。
その他 ・延泊も可能ですので、ご希望の方はお問い合わせください。
・交通機関の遅延や突然の運休、道路状況により、観光地の順序など日程が前後する場合があります。

   オリジナルツアーを組む事もできますのでお気軽にご相談ください

ゴールデン・トライアングルとガンジス川ツアー7日間
*パスポートと同じローマ字でご記入ください。
大人 人 子供( 4~16歳) 人 幼児(3歳まで) 人


3名様1室2名様1室1名様1室

※送信=予約確定ではありません。
※メール・お電話でのやり取りの後、ご予約・金額の確定となります。





インド好きが選んだ大人気ツアー



Hello Indo Travel

インド旅行8つのガイド

行く前に知っておくと、旅行がもっと楽しくなる

現地の最新情報をお届け!

インドへ個人旅行されるお客様向け各種トラベルサポートを実施しております
※弊社でお申し込みいただけるツアーでは、全ての手配を含んでおります


ハローインドトラベル

通話受付時間 12:30~21:30(日本時間)
※メール・メッセージは24時間受付

+91-11-2358-6265       

ご相談・ご予約専用フォーム