ジャイプール(ピンクシティ) 世界遺産

2019.08.23

インドのラジャスタン州にあるジャイプールの要塞都市は、1727年にサワイジャイシン2世によって設立されました。

ジャイプールは他の都市とは異なり丘陵地帯に位置し、ヴェーダ建築のグリッド計画に従って建設されました。この都市の都市計画は、古代のヒンズー教徒と現代のムガール人、西洋文化の意見交換を示しています。

1876年ヴィクトリア女王の息子アルバート王子が訪れるために、サワーイー・ジャイ・スィン2世が町中を歓迎の色を意味するピンク色に統一しました。それをきっかけに伝統的に建物の塗装にピンクが使われるようになり、のちに“ピンクシティー”と呼ばれるようになりました

ジャイプールは今日まで地元の商業、職人および協同組合の伝統を維持し、ハリウッド映画やボリウッド映画でもよく撮影の地に使用されています。

  • ジャイプールにはアンベール城ハワマハルシティパレス、ジャルマハル、ナハルガルフォート、ジャイガルフォート、アノキミュージアムなどの有名な観光スポットがたくさんあります。
  • 2019年7月に世界遺産に登録されました。

ジャイプール

インド好きが選んだ大人気ツアー