タージ・マハルをもっと知りたい!!

2018.06.23

 タージマハル

タージマハールはヤムナー川のほとりにあり、インドでも最も有名な墓廟であり、世界の七不思議の一つです。1631年に22年をかけて2万人の職人で造られた、ムガール皇帝シャー・ジャハンの妻であるムムターズのご遺体が現在も安置されています。彼は愛する彼女のために、タージマハルを建立しました。シャージャハーンは、自らの墓廟黒タージを建立予定でしたが、実子三男によってアーグラ城へ幽閉されてしまい、その計画は実行されなかったのです。幽閉されたシャージャハーンは毎日窓からタージマハルを眺めることだけが心の拠り所だったのです。シャージャハーンの死後、不憫に思った人々は彼の棺をタージマハルのムムターズの隣に並べて安置しました。タージマハルは、言葉で表現できないほどの素晴らしさがあります。

 場所

デリーから南下した220㎞に、ウッダル・プラデーシュ州に属するアーグラがあります。デリーから高速道路で3時間半ほどなので日帰りで訪れる観光客も多くいます。

 時期と時間帯

最もいい時期は、8~3月です。タージ・マハルは陽の光で徐々に色を変えているように見え、早朝は日の出とともに美しいタージマハルが見られます。更に早朝は人も少なく涼しいので、お勧めです。

 営業時間

月~日曜日の午前6時から午後7時まで。ただし定休日は毎週金曜日(祈りのために閉鎖)。夜間は、毎月満月の日の前後2日、計5日間は午後8時30分から深夜12時30分まで月明かりを見るためにもオープンしています。

2018年満月の日: 6/28 – 7/27 – 8/26 – 9/23 – 10/24 – 11/22 – 12/22

夜間のチケットは、400人限定のため事前に購入する必要があります。また観覧時間は30~40分に制限されています。

 入場料

外国人の場合、タージ・マハルの入場料は1000ルピーです。 15歳未満のお子様は無料です。チケットはエントリーゲート付近のチケットオフィスで購入できます。外国人のチケット料金には、靴カバー、水ボトル、アグラの観光マップが含まれています。また、外国人チケット所有者はタージ・マハルのセキュリティチェック後、行列に並ばずにタージ・マハル内に入ることができます。

 エントリーゲートは、南、東、西の3つがあります。

• 西側ゲート

地元のインド人観光客の大部分が通っているメインゲートであり、一般的に一日を通して最も行列が多いです。また、日の出の早朝は比較的空いています。

• 東側ゲート

多くの有名なホテルに最も近いため外国の観光客に広く使われています。通常は空いているゲートですが、団体のグループがこのゲートから入場するので、混雑している時もあります。チケット購入オフィスはゲートから徒歩約10分の場所にあります。

• 南側ゲート

最も使用頻度の低いゲートです。標準的なホテルが多くがあり混雑した市場エリアに近く、独立した旅行者に好まれています。ただし、午前8時までは開門しません。

Post94Image

 タージ・マハールのセキュリティ

タージ・マハールには厳しいセキュリティが施されており、入り口にチェックポイントがあります。あなたのバッグはスキャンされ内部をチェックされます。大きな袋とデイパックを持参しては中に入れられません。必須アイテムを含む小さな袋のみが許可されています。これには、1人の携帯電話、カメラ、ウォーターボトルが含まれます。食べ物、タバコ製品やライター、電化製品(携帯電話の充電器、ヘッドフォン、iPads、トーチなど)、ナイフ、またはカメラの三脚を持ち込むことはできません。カメラはまだ許可されていますが、夜間の視聴セッションでは携帯電話も禁止されています。またエントランスゲートに荷物預かり設備がありますが、あまりお勧めではありませんので、ホテルやツアー専用車に置いておくといいでしょう。

 アグラとその周辺

アーグラ城

イティマド・ウッダウラー廟

ジャマモスク

アーグラオールドバザール

ファテプルシークリー

ケオラデオ ガナ国立公園

 滞在するのに最適な場所

ラグジュアリー/ 5つ星ホテル

ザ・オベロイ・アマルビラス

予算に余裕があれば、アーグラで一番豪華なオベロイ・アマビラをお勧めいたします。ほとんどの客室からタージ・マハールが眺望でき、贅沢な時間を過ごすことができます。ホテルにはウェルネス スパ、2軒のレストラン、ラウンジ、バー、スイミングプールなどの施設もあり、タージ・マハールの東門から約500mのところに位置しています。料金は1泊2名様75,000ルピーからです。

ラディソン・ブル アーグラ

ラディソン・ブルではタージ・マハールの豪華さと眺望があまり高くない。それはお金のための優れた価値です。ホテルは東門から約1キロメートル離れた土地5エーカーに位置し、屋上プールとバーや一部の客室からタージ・マハルを見ることができます。施設には、屋外プールとスパを備えたヘルスクラブ、Nawabi専門のレストラン、24時間営業のコーヒーショップ、ティーラウンジ、スポーツバー、無料の無線インターネットなどがあります。料金は1泊2名様10,000ルピーからです。

ITC ムガル アーグラ

広大で手入れの行き届いた静かな庭園も魅力的で、タージ・マハールまで車でわずか10分の距離にあります。屋上テラスからは白い大理石のモニュメントも楽しめます。 230室以上の客室があり、それぞれ独自のスタイルと内装が施されています。その名のとおり、ホテルはムガル時代の王家を再現しています。こちらのホテルのスパは世界的にも有名です。ご滞在時はぜひ Kaya Kalp Spaで若返り療法をご体験ください。

インド好きが選んだ大人気ツアー