ラダックとザンスカールは、内戦や外的攻撃の激動の歴史にもかかわらず、8世紀以来、彼らの文化的、宗教的遺産を失う事もなく、ヒマラヤの伝統的なチベット文化、社会、建物が中国の文化革命を生き延びたまれな地域の一つなのです。

大自然の中に造られた歴史深い多くのグンパ(僧院)をご紹介します。

リキール僧院

レーから約50キロメートルのところにあり、別名カルカクジ(魂の水)としても人気があります。11世紀にラーチェン王によって設立された僧院は火事によって全焼し、18世紀に再建されました。僧院は砦のように建てられ、戦争中に地元住民に聖域を提供し、僧院の住居の上には、寺院と会堂があり約120人の僧が居住しています。この僧院はゲルク派のものでもあり、毎年僧が12月12日から19日までストリークフェスティバルを開催しています。僧院にはさまざまな写本や宗教的な衣装があります。

ピャン僧院

レーから西へ17kmに位置し、ピャン僧院とラマユル僧院はチベット仏教のカギュ宗派に属するラッダクの唯一の僧院です。ピャンという名前は、僧院の裏側にある青い山を意味するGang Ngonpoから派生したものです。Denma Kunga Drakpaによって僧院が築かれました。僧院は、古代の壁画、古いthangkasのコレクション、そしてマハカラといわれる神の壁画で知られています。僧院には100人の僧がいて、近代教育とともに仏教の訓練を行う学校もあります。この僧院には900年前の経典、中国、チベット、モンゴルの銃器と武器のコレクションが博物館にあります。

ラマユル僧院

ラマユルは11世紀にMahasiddhacharya Naropaが石窟で瞑想して チベット仏教のカギュ派です。レーから約127キロメートルに位置し、美しい村々と素晴らしい景色を見渡すことができます。この僧院に関連する多くの神話や物語があります。有名なのは、ラマユルはかつては湖であり、ラマの祝福の後、僧院建設のためのスペースを譲ったということです。僧院には非常に豊富な壁画とThangkasがあります。毎年、チベットの太陰暦の5月17日と18日に、僧院の僧たちが聖なる仮面舞踏を行います。

アルチ僧院

アルチ僧院はラダックの最も古く、最も壮大に建てられた僧院の一つで、国家遺産でもあります。ラダックの僧院はほぼ 丘の上にありますが、この僧院は他のものとは異なり、平地に置かれています。僧院の土台は、12世紀中期のチベット人翻訳者リンチェン・ツァンポによって築かれました。それはDukhang、SumtsekとManjushriの3つの寺院として主要な構造で、壁には古代の絵が多く描かれています。 3階建ての寺院は、寺院の2階を占める4つの手を持つ大きな菩薩像で人気があります。歴史を伝える唯一のものとして古代の絵が残っています。アルチの村人たちは、伝統的で堅実な信者であるため、村を文化的な場所にしています。

スピトゥク僧院

スピトゥク僧院は11世紀に建てられました。レーから約8kmの僧院で丘の上にあります。インダス川がヒマラヤ山脈の山頂を背景に流れています。僧院はゲルク宗派に属し現在約100人の僧が住んでいます。僧院は古代のトゥンカやthangkas、顔マスク、フレスコ画と宗教的な経典を保管しています。ヴァジュラ・バイラヴァ神に捧げられた丘の上の寺院があります。僧院は毎年グスタル祭を祝い地元の祈り、音楽、舞踊、伝統芸術、文化展がこの祭りのハイライトです。良いことが必ず悪に勝つという意味を持つチャムダンスやマスクダンスはフェスティバルの重要なポイントです。僧院を訪れる最善の時期は、6月から9月の間であり、道路は雪が降っています。

デスキット僧院

僧院はラダックのヌブラ谷にあります。仏教の中心はラダックの最も古くて大きい僧院です。僧院は14世紀にチャンセム・ツェラプ・サンポ(Changzem Tserab Zangpo)によって設立され、現在はショーヨク川の平野の丘の上に立っています。僧院の主な魅力は、30mの高さの弥勒菩薩像で、落慶法要にダライ・ラマが訪れました。

関連記事

関連する記事はありません

インド好きが選んだ大人気ツアー