ラダックの有名な僧院群

2017.12.10

インド北部のジャンムー・カシミール州東部、標高3,500 m以上の山岳地帯でヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に挟まれたインダス川の上流地域をラダックと呼びます。ラダックには多くのグンパ(僧院)があります。その一部をご紹介します!!

プクタル僧院

プクタル僧院はザンスカールにあり、ラダックの最も古く2500年前からある僧院(グンパ)です。巨大な洞窟にある僧院には、パドゥムから渓谷を通るのが最短ルートです。古代インドの芸術を反映した建築と僧院の美しさは、訪問者の注目を集めています。壮大な僧院の敷地内には約40人の僧が住んでいます。彼らは観光客に祈りの方法や僧院の文化的遺産について説明しています

ヘミス僧院

レーから約45キロ離れたラダックの最も豊かな僧院の一つです。息を呑む美しさで観光客を魅了し、金銀の仏塔、崇拝された小屋や仏陀の像など、古い遺跡があります。この僧院は年に一度開催される有名なシヴァ神の誕生日を祝うヘミスフェスティバルがあり世界各地の観光客を集めています。この祭りでは、僧はカラフルな服や顔マスクを着用し伝統的な踊りをします。また祭り日限定で、聖なるテンガも訪問者のために展示されています。

ティクセ僧院

ティクセ僧院はラダック中央部の最大の僧院です。レーから18キロに位置しています。チベット仏教のゲルク宗派で僧院は、丘の頂上に位置していて、多くの古代遺物と神聖な遺物があります。12階建ての僧院には10の寺院と会議室があり、120人の僧と尼僧が住んでいます。

サニ僧院

サニ僧院は、ラダックで2番目に大きい仏像として人気があり、レーの約12キロ南に位置しています。この僧院の座位の仏像は主に銅と金から作られています。像の前には、消えることなく絶えず燃え続ける炎の大きなボウルがあります。炎を燃やすことの目的は、僧院を訪れる観光客に正直さと精神性の重要性を強調することです。サニ僧院では地元の素朴な祭り、仮面舞踏のサニナスジャル祭もあります。

ストーングレー僧院

ジャングラーから北に約18キロ離れたザンスカールで2番目に大きい僧院です。僧院は標高3500メートルに位置し、チベットのヨギはマルパに捧げられています。この美しい僧院には壮大な寺院が建てられていて、僧院の敷地内に約60人の僧が住んでいます。ここに来るには約4時間歩きますが、涼しい場所を見て、僧院の信じられないほどの美しい眺望を見ることができます。僧院は7月中旬から11月上旬にかけて観光客に開放されています。

インド好きが選んだ大人気ツアー